中世の音楽史

 古代ギリシアに代わって地中海沿岸世界を支配したのは古代ローマです。紀元前750年ごろに建国された古代ローマは紀元前270年ごろにはイタリア半島を統一し、さらにポエニ戦争などによる領土拡大の結果、古代ギリシアをも征服してしまいました。紀元前27年にはカエサルの養子であったオクタヴィアヌスが皇帝アウグストゥスの称号を用いることにより古代ローマは帝政の時代に入り、1世紀末から2世紀末にかけての五賢帝の時代に帝国は最盛期を迎えることになりました。

 この古代ローマの芸術に関しては、主に古代ギリシアからの影響を受けたものが多く、音楽に限らず古代ローマ独自の芸術はあまり発展をしませんでした。しかしながらその一方で、古代ローマではキリスト教の誕生という極めて重要な出来事が起こりました。この初期キリスト教の典礼音楽において、古代ユダヤ教から受け継いだ典礼の形式などの音楽的遺産と、古代ギリシアの音楽理論や音楽観が合わさることにより、中世の音楽が形作られていったと考えられます。

 一般的な世界史の時代区分では、中世の始まりをゲルマン民族の大移動が始まる4世紀の中ごろとしていますが、この時代の音楽がどのようなものであったのかについては、詳しくは分かっていません。ボエティウスにより古代の音楽観が中世に伝えられていることは分かりますが、実際の音楽がどのようなものであったのかが資料により分かってくるのは8世紀か9世紀ごろになってからです。そして、この資料こそが最古のグレゴリオ聖歌の手写本というわけです。中世の音楽史は、この「グレゴリオ聖歌」の形成と発展を軸として展開していきます。
posted by バニラ at 15:54 | TrackBack(0) | 中世 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。